クイーンベッドがほしい|おしゃれな部屋を手に入れるためのクイーンベッドの選び方
ロゴ

クイーンベッドを購入するときのチェックポイント

クイーンベッドがほしい

女の人

部屋はどれぐらいの広さが必要?

クイーンベッドを置きたいと思ったら6畳の広さでは足りません。最低でも、8畳はほしいところです。ただ、8畳の広さだとベッド以外のものが置けなくなってしまうので注意が必要です。一般的にクイーンベッド置くには、12畳ほどの広さの部屋が理想だと言われています。

搬入するときのことも考えておこう

クイーンベッドを利用するためにはある程度の広さの部屋も必要ですが、搬入できるかどうかも考えなければいけません。部屋の前までは持ってこれたものの、部屋の扉から部屋の中に搬入することができなかったという失敗談はよくあります。

マットレス選びも重要

クイーンベッドはサイズの大きなベッドになるので、一般的なシングルベッドやダブルベッドのものと比べるとマットレスの種類も若干少なめです。マットレスは睡眠の質を左右する大事なパーツなので、妥協することなくぴったりのものを選ぶようにしましょう。

クイーンベッドを購入する理由ランキング

no.1

寝相の悪さを気にする必要がない

クイーンベッドは170センチもの幅があるのでどんなに寝相が悪くてもベッドから落ちてしまうようなことがありません。一人で寝る場合はもちろん、カップルや夫婦の二人で寝る場合でも、仮に二人とも寝相が悪かったとしてもクイーンベッドならば安心です。

no.2

快適に過ごせる

寝相が悪くても寝相が悪くなくてもクイーンベッドの広さがあればかなり快適な睡眠を手に入れることができます。思いっきり体を伸ばして寝ることができますし、どれだけ寝返りをうったとしても平気です。

no.3

家族一緒に寝られる

クイーンベッドの広さがあれば、家族で寝ることも可能です。小学校に上がる前までの小さなお子さんであれば、三人で寝たとしても充分な広さを確保できるでしょう。一緒に寝ることで、シーツやカバーの掃除や洗濯も一回で済ませることができてしまいますね。